看護師のブランクが長い場合には転職は不利?

ブランク 看護師転職に関する画像

看護師のブランクが長い場合には転職は不利なのでしょうか? 

 

看護師のブランクが長い場合には転職は不利なのではないか、
と看護師の多くの方が思ってしまいがちですよね。

 

看護師のブランクが長い場合には転職は本当に不利なのか、調べてみました。
看護師のブランクが長い場合に、転職に不利と言ったことは、あまりないようです。

 

看護師の職場は、どこも人手不足なので、どこの職場でも10年のブランク程度ならば
よほどの理由がない限りは、相手にしてもらえないと言ったことは、ありません。

 

ただし、看護師のブランクが長い場合には最先端の技術になじめなかったり、
新しい治療法に、ついていけなかったりと言ったことはあるようです。

 

看護師のブランクが長いことに引け目を感じている方は、一般の病院では無く、老人施設に就職を決めたり、
医療処置が少なめの職場を選んでおき、何年か経ったら別の病院へ再就職すると言う方法もあります。

 

このように段階を経ながら、自分も看護について勉強していき、自信が付いてきたら
ステップアップしていくというやり方が、一番無理のないやり方なのでは、ないでしょうか。

 

そのため、ブランクがあっても良い方法はあるのでまずは転職サイトに登録してください!