保健師の資格と仕事内容

保健師の資格と仕事内容に関して詳しく紹介している画像

保健師の資格というのは国家資格になります。つまり、国家試験に合格をしないと保健師になることはできません。保健師の国家試験を受けるには条件があります。それは看護師の国家資格を取得していることです。つまり、保健師は同時に看護師の資格も取得していることになります。

 

保健師の仕事内容とえいば、基本的には健康管理と防疫になります。担当するエリアの保健サービスが保健師の仕事内容といえます。具体的には、企業に就職をする産業保健師の場合には、その企業の従業員の健康管理と、企業内の衛生管理、健康相談などが業務になってきます。

 

学校においては、教員免許を取得していれば養護教諭として学校の学生や児童の健康管理や応急処置、学校全体の衛生管理が仕事になってきます。行政保健師の場合には、都道府県単位での防疫や障がい者や難病者の健康管理などが中心の仕事となり、市区町村単位では乳幼児や高齢者の健康管理や保健サービス、乳幼児を育児している母親たちからの育児相談などもその仕事内容になります。もちろん、病院などでの健康診断や健康に関する相談業務というのも仕事内容になってきます。

保健師の資格と仕事内容関連ページ

保健師によくある悩み
保健師が抱える特有の悩みとはどのようなものでしょうか?保健師が特に抱えてしまうよくある悩みとはどのようなものになるのでしょうか?
保健師の今後の展望
保健師の仕事の今後の展望はどうなっているのでしょうか?看護師からの保健師への転職はできるのか?その需要は?
保健師は誰でもなれるの?
保健師は誰でもなることが可能なのでしょうか?保健師になるために重要になってくる資格や勤務実績にはどのようなものがあるのでしょうか?