保健師の今後の展望 

保健師は、地域社会、および企業や学校において、健康相談や病気の予防を行ったり、公衆衛生の向上に努めるサービスを行うなど、多くの市井の人々の健康状態の維持と管理の役割を担っています。

 

病院に通うほどではないけれど、日常的に不具合を抱えている人の相談にのったり、具体的なアドバイスをしたり、病気の発見に貢献したり、いわゆる予防医学的な役割を中心にしているため、医師や看護師とはまた違う存在ですが、平和な毎日を続けていくために、誰にとっても欠かせない存在だということができるでしょう。

 

そんな保健師ですから、今も昔も、その重要性および需要は変わることがありません。しかし、後期高齢化社会の進行、それに伴う孤独死の増加、引きこもりや虐待児童の問題なども増えている現代の日本において、保健師の果たす役割や期待される役割は、今後もっと大きくなっていくことが予想されています。

 

2008年より始まった特定健康診査・特定保健指導にのっとって、保健師が指導にあたることになる市民も増えつつあるので、より保健師の活躍の場は広がり、指導や技術の向上も求められています。

保健師の今後の展望関連ページ

保健師によくある悩み
保健師が抱える特有の悩みとはどのようなものでしょうか?保健師が特に抱えてしまうよくある悩みとはどのようなものになるのでしょうか?
保健師の資格と仕事内容
保健師の資格と仕事の内容にはどのようなものがあるのでしょうか?
保健師は誰でもなれるの?
保健師は誰でもなることが可能なのでしょうか?保健師になるために重要になってくる資格や勤務実績にはどのようなものがあるのでしょうか?