助産師に関する法律性

助産師に関する法律性に関して詳しく紹介している画像

年配の方は、産婦人科ではなくて産婆さんの介助によって生まれた方が多いのです。実は産婆さんとは、江戸時代からお産の助けをしてくれる近所の人的に存在していたのです。その後、今の助産師さんと呼ばれるまでには、国がその制度を改定してきて、「保健師助産師看護師法」という法律が平成14年に確立されています。

 

そして助産師になるには、厚生労働大臣の発行する資格免許を取得しなければならないのです。ちなみに法律で定める助産師さんの果す役割とは、妊婦の出産時での助産を行っていって、じょく婦と新生児の健康に関する指導を行っていくことにあります。

 

そして助産師に近い職業に看護師がありますが、看護師は男性にも認められていますが、助産師は男性にはまだ認められていません。女性に限って認められた資格です。そして今は多くの方が、出産するにあたって産婦人科医を選択するケースが多くなっていますが、核家族や少子化による産婦人科の減少によって、助産師さんへの期待が膨らんできているのです。

 

助産師さんとは、本来近所のおばさん的な存在で頼りがいのあったので、法律で認められた助産師さんに求められるものが大きくなってきているのです。そのため、助産師の存在感は増しており看護師が助産師を目指すというパターンも非常に増えているようなので助産師の重要性はどんどん高まっていくかもしれませんね。

助産師に関する法律性関連ページ

助産学校での生活
助産学校での生活はいったいどのようなものなのでしょうか?看護師から助産師の資格を取るための学校の実態は?
現代は助産師不足
子供の減少とともに助産師は必要ないのではないのかという話もありますが、実際には助産師は不足している現状があります!